Top

ようこそ~♪何気ない日常のひとコマや手作りをチョッとずつ気まぐれなペースで綴っています ... falu♪
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お知らせ♪
7/14、howtoのカテゴリーにIKEA MOSHULT 80cm幅ボックス・シーツの作り方を簡略的ですがまとめましたので、ご参考になれば嬉しいです。
6/16、howtoのカテゴリーに回転式窓の作り方を覚書程度にまとめます。正式な方法ではありませんが、ご参考になれば~との思いから記載してみました。興味のある方はご覧くださいね
5/27、howtoのカテゴリーにハニカム・ボールの作り方を覚書程度にまとめましたので、興味のある方はチャレンジしてみてくださいね
4/7「セレモニーブラウス」のtopにジャケットと重ねた写真を追加しました。
12/1、howtoのカテゴリーにスター・オーナメントの折り方を覚書程度にまとめましたので、興味のある方はチャレンジしてみてくださいね
information♪
エキサイトブロガーハンドメイド作家特集vol.23の#3の「アトリエ訪問」にてご紹介いただきました。レシピ公開もしていますので、そちらもぜひ、ご覧くださいませ♪♪
forbid!!
当ブログ内に掲載されている写真、画像、イラスト等の無断使用を禁止します。
Copyright©Lilasbouquet All right reserved.
Rebommend
アトリエ
WOLCA
Ramica
sun&moom
animal skin
web*citron
BOUS
Night on the Planet
howto~回転窓の作り方♪ 2014年 06月 16日
ここで、簡略的ではありますが、チョッとした軽い小窓などの造作物を軸を中心に回転式にする方法をご紹介します。これはあくまでも私自身が思いついたやり方ですので、正式ではありませんし、うまくいけばOK~くらいの気持ちでご参考にして下されば。。。と思いhowtoとしてご紹介させていただきますね♪

■使用するもの■

電動ドリル
電動ドリル用ビット・・・ダボの直径よりも1mm大きいもの。
木製ダボ・・・(私の場合ですが)Ф6mm×2.5cm←上下で6本
※此処で木製のダボを使用したのは、不要になった際に鋸でカットできるので、取り外しが容易になる為です。
※また、穴の深さの調節はマスキングテープをドリルのピットに巻きつける事で容易に調整できます。
※ダボの位置調整がうまくいかない場合にはノック式のボールペンにハイっているようなスプリングを利用する  と良いと思います・・ちなみに私の場合は女性目線から、、コットンパフの綿を詰めることで代用しました(笑)

それでは図と共に説明していきましょう。

①まず、土台となる型枠の中央に必要な数だけ下穴をドリルであけます。
 図では見辛いのですが、上部の深さは『ダボ』の深さ2.5cmです。(ダボがすっぽりと入る深さ)
 必ず中央に下穴が来るようにご注意くださいね。

e0174171_2223755.jpg

②土台の型枠の下側のそれぞれの中央になる場所にも必要な数だけ1cmの下穴をドリルであけます。
 上部とは深さが違いますので、ご注意くださいね。

e0174171_22221524.jpg

③次に、型枠にはめ込むそれぞれのフレームにも下穴をあける作業です。
  各上部中央に深さ1cmの下穴をあける。

e0174171_2224597.jpg

④型枠と同様にフレームの下側の各中央にも2.5cmの深さの下穴をあけます。
e0174171_22264557.jpg


以上です。
あくまでも、正式なやり方ではありませんので、自己責任ということでトライしてみて下さいね。


いつもご覧頂きありがとうございます。密か~にランキングに参加しています♪
是非↓↓ポチッとお願いいたします^^♪応援していただけると嬉しいなぁ
^^*
ブログランキング・にほんブログ村へ
*--------------------------------------------------------------*
[PR]
Top▲ by lilasbouquet | 2014-06-16 00:23 | howto
<< ペーパーシェードのランプに憧れて♪ | ページトップ | crochet~IKEAのVI... >>